paizaってなに?実際に使っていた僕の解説

programming

こんにちは。わたやんです。

この記事では就活サイト『paiz』についてを実体験をもとに紹介します。

paizaとは

paizaとは一言で表すなら「プログラミングも勉強できる就活サイト」です。

paizaにはプログラミングの動画学習やスキルチェックなどがあり、就活しているしていない関係なく、プログラミング学習にはもってこいのサイトです。

piaza(パイザ)はプログラミングも学習できる就活サイト

paizaをおすすめする理由

1.企業に自分のスキルレベルをアピールできる

paizaにはスキルチェックというものがあり、プログラミングの問題を解くことによってランクをあげることができます。

paizaでは、各企業にランクが設けられており、そのランクを上回ると選考に進むことができます。

また、スキルランクによって企業からオファーが届くこともあります。

スキルランクについて、以下抜粋。

コーディング結果によるランク表

ランクS 上位1% 上級100点非常に高いスキルを持っています。
ほぼすべての企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクA 上位10% 上級70点高いスキルを持っています。
非常に多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクB 上位30% 中級100点/上級50点一定基準以上のスキルを持っています。
多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクC 上位60% 初級100点/中級60点/上級30点基本的なスキルは十分、効率的なコードを意識しましょう。
一部の企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクD 初級50点/中級30点/上級10点要努力!基礎的な部分をもう一度見直しましょう。
入門段階です。基礎的なスキル習得を目指しましょう。
ランクE 初級0点/中級0点/上級0点しっかり準備をして再度チャレンジしてください!

ちなみに僕はつい最近Aランクになることができました。笑

スキルチェックの問題は様々な言語で解いても良いため、自分の得意な言語で挑戦できます。

対応言語は Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift、Kotlin 

スキルチェックの問題に関してはpaizaの規約で、お見せすることができませんが、とても簡単なものからとても難しいものまで、たくさんあります。


2.動画学習教材「paizaラーニング」

paizaには、「paizaラーニング」というプログラミング学習教材が用意されています。

動画は1つ3分程度で短く、各回に演習があるので、プログラミングにおいてとても大切なアウトプットもしっかりできます。

また、扱われているプログラミング言語も豊富で、そのうえ、AIやアプリ開発などの応用的な技術も学ぶことができます。(一部有料)


paizaだけの特殊な就活

スキルランクによって企業の選考に進める

paizaには企業に応募するための書類選考がありません。

そのため、ESなんかを書く必要がなく、コーディングスキルによって企業の選考に進めます。

エンジニアらしい就活ですね。


カジュアル面談

paizaだけの特殊な面談「カジュアル面談」が存在します。

カジュアル面談は、選考の場ではなく採用企業と求職者の自己紹介のようなものです。

志望動機や自己PRなどは準備せずに、「どんな企業かな〜」という感じで面談することができます。


まとめ

プログラミングを学ぶことで大事なことはアウトプットですが、アウトプットする機会がなくて悩んでいる人も多いのではないのでしょうか?

paizaは自分の力試しをする上で、とても便利だと思います。

自分のスキルレベルがグラフや数値で目に見えるので、モチベーションも保つことができ、さらに、就活にも役立つのです。

皆様ぜひ、paizaのスキルチェックの問題をバリバリ解いて、自分のプログラミングスキルを伸ばしていきましょう!!

ITエンジニア・プログラマ向けの転職・就活・学習サービス【paiza(パイザ)】
ITエンジニア・プログラマ専門の総合求職・学習サイト【paiza(パイザ)】。プログラミングスキルチェックで実力を可視化し、スキルがあると認められれば書類選考不要で即面接へ進めます。学歴や職歴ではなく「技術がある人」が評価されるサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました